技術資料

液体リリーサー

カラーハーデナー使用法・特徴他液体リリーサースタンプコンクリート用粉リリーサー  材料・資料 トップページ >> 液体リリーサー


 

【製品名】

液体リリーサー

【包 装】

丸型スチール缶

【容 量】

16L缶/50〜75u

液体リリーサー  

用 途 

  モールドが離れやすく、かつツートーンの色彩硬化があるようにパターンを捺す前にコンクリートに散布する  
                     

液体リリーサーを使う利点 

 

@ 汚れが少ない

使用者や周囲のビル等に粉塵を撒き散らさない。

A 使い方が簡単

吹き付けるので、必要な部分に直接向けられる。

B テクスチャー

リリーサー・パウダーが余分にあるとスタンプ(型押し)がぼけてしまうが、液体なのでグレイン(表面の模様)がはっきり出る。

Cエラー

スタンピング・エラーはコテをかけなおすが、スタンプしなおしてすぐに修正できる

D カラーとツートン

スタンプ終了後またはシーリング前に調整できる。2色または3色にすることも可能。

E 外見

濡れている時の状態がシーリング終了後の状態と同じなので、シーリング前に顧客の承認が得られる。

F 洗浄の必要なし

時間の節約。汚染物質が排水溝に流れ込まない。

G 液体リリーサー

コンクリートの蒸発性遅延剤として作用する。したがって、;収縮によるひび割れが減り、より良い養成ができる。

H より良いシーリング

液体リリーサーは、溶剤を基にしたシーラーを受け入れやすい表面になるよう特別に調剤してある。

 

液体リリーサーを使うマイナス要因

 

@ モールド使用後、洗わないでおくとモールドの材質の寿命に影響を及ぼす可能性あり。

A 皮膚に付着したままにしておくと、炎症を起こす可能性あり

 
 
  伊藤建材株式会社問い合わせフォーム